オールインクルーシブとは


top

特にリゾートホテルを探しているときに、「オールインクルーシブ」という記述を見かける事があります。簡単にいうと、オールインクルーシブというのは「全部乗せ」のプランだということです。
宿泊料金としてちょっと多めに支払うものの、その中にアクティビティや各種サービスの料金が含まれており、後から余計な料金を支払う必要がありません。「結局高い料金を払うなら同じじゃないか、なぜわざわざそんなプランを作るんだ」という意見もあるかも知れません。しかし、特にリゾートで休暇を楽しんでいるようなときに、サイフやクレジットカードを出したりする必要が無いというのは何とも快適なものなのです。

これはふだんの生活からも想像することができます。例えば、友人や上司と食事に行って「今日はおごるよ」と言われると、そこはかなとない喜びがこみ上げてきます。思うにこの喜びというのは「お金が減らない喜び」というよりは「サイフを出さなくて良い喜び」なのです。この二つは同じ事を言っている様で、結構深い違いがあります。人は、本来自分がすべきことを誰かに何かをしてもらうと優越感を感じます。

例えば雨の日に、弟子に傘を指してもらえる落語家なんていうのは、優越感に浸っているにちがいありません。これとおなじ優越感がオールインクルーシブでは味わえます。
あるサービスに対して対価を払うとすれば、それは普通の事です。しかし、オールインクルーシブでは、無償のサービスを受けているかのような錯覚を感じることができます。もちろん先にその分払っているので錯覚の粋を出ないのですが、バカンスでこのような気持ちになれるのはなかなかの喜びです。具体的にどのようなサービスが受けられるのか、例をとって見てみましょう。

バリ島の人気リゾート「ソル ビーチ ハウス」では、オールインクルーシブプランで予約すると実にさまざまなサービスを受けられます。まず、食事は基本的に食べ放題です。朝食はビュッフェとアラカルトから選択可能で、ドリンクは無制限に飲み放題。また、アクティビティも無制限に利用可能などなど。7泊以上の利用の場合には、ビーチでのVIPディナーを二回も楽しむことが出来ます。スパの無料チケットなど、バリ島ならではのサービスもしっかりと用意されていて、なんともかゆいところに手の届いたプランだといえます。どうでしょう。これらすべてが別料金で、いちいちクレジットカードを出したり予算を気にしたりしながら利用しなければならないとなると、かなりわずらわしいと思います。そうした手間を省き、快適にリゾートをすごせるのがオールインクルーシブの良いところです。

おすすめサイト

バンコク ホテル

スワンナプーム空港に近いトランジットホテルも多数。タイのホテル予約はこちらから

ソウル ホテル

焼肉・エステなどの人気スポット周辺ホテルも簡単サーチ

台北 ホテル

人気アニメ映画の舞台といわれる「九ふん」が話題の台湾。おすすめホテルをカンタン検索